natalieの靴はセメンテッドという製法で作っています。

このやり方は靴作りで多分一番簡素です。

一部には「手縫い靴こそ手作り靴だ!!」という方もいますがセメンテッドでもきちんと採寸して型紙を準備して作れば足に優しい靴が出来上がります。

そんな靴作りを学校で学びました。

 

 

根が気まぐれなので現在はセミオーダーは気がむいたとき作品展や出店先でお受けしています。


       セミオーダーのこと

・必ず足の計測をします。

・木型が1種類のためつま先の形はラウンドのみです。

・横幅はぴったり合わせます。(計算してちょうどいい大きさのことです。)

・そのときどきでお受けできる革の色があります。

・ヒールは1cmになります。(ピンヒールなどはできません。)

・22cmから28cmまでお受けしています。(5mm間隔です。)

・現在セミオーダーをお受けしているのは下記の

「もったいないモデル」と「あたかモデル」のみです。


もったいないモデル

一枚甲短靴です。

チャッカーブーツもできます。

靴作りで出てしまう革の切れ端を捨てたくないので装飾に使っています。

装飾の色、大きさ、形はまちまちです。

 

セミオーダー価格

:短靴(写真上段)

   ¥20000-

:チャッカーブーツ(写真下段)

    ¥23000-

あたかモデル

 

一枚甲短靴です。

ブーツタイプもできます。

あたかモデルとは歌とギターの音楽屋さん安宅浩司さんにこしらえた靴から始まりました。


 セミオーダー価格

:短靴

     ¥18000-

:ショートブーツ

    ¥25000-


☆ 作った靴あれやこれ  (ほんの一部。)


ときどき、おかしなこともやっています。

らいぶぺいんとにあこがれて、ライブ靴作り。