つくり手→いの(B型・魚座)

 

なんで靴を作り始めたのかは語ると長くなりますが、きっかけは敬愛するテキスタイルデザイナー『浜井弘治』さん(http://hamaikoji.jp/)にであった事と、ある靴デザイナーさんに「やめておいたら」と簡単に否定された事。

靴のデザインがしたかったのではなくとにかくこの手で作りたかったのでメモ程度のものはありますがデザイン画は10年経った今もありません。


靴は2001年頃、東京にあるmogewarkshop(http://www.mogeworkshop.com/) という靴の学校で習いました。

帽子やその他のものは独学独特の造り方をしています。

もちろんデザイン画はありません。(絵があんまし上手くないんだ。)

とにかく小さくて派手(存在自体)と言われますが本人はいたって一般的な常識人だと思っています。

自称名古屋色キチ組合の会長です。

好きな食べ物はポテト。

好きな音楽屋さんはみねたくん。

好きな漫画はさすがの猿飛。

趣味は置き逃げです。(笑)

 

名古屋でのそのそ暮らしています。。

 

追記

こんなこともやっています。

子供フェス『今池フレーバー』   http://imaikeflavor.jimdo.com/

 


  ◆ 略歴と活動の足跡 ◆

1974年  愛知県のブーツの形をした半島の真ん中の辺りに生まれる。

        高校生の時バンドブームにどっぷり浸かり、ライブに行くための自分の衣装を        作ったりし始める。

        卒業後フリーターになる。

        アパレル販売員の傍ら、かばんや簡単な洋服などを作って友達のお店に置か        せてもらったりなんとなく活動。

        (この頃、洋服もあほみたに買っていたが保有していた靴の数はざっと100足          はあり母親に「足は何本生えているんだ。」と窘められていた程の靴好き。)

1999年  ”浜井弘治”というちょっと変わったアパレルSHOPで働き始める。

        先生(浜井さん)の物づくりに触れ自分でも手でなにか作りたいと強く思う           ようになる。

2001年  お金を貯めて上京、靴の学校moge Workshopにて靴作りを学ぶ。

2002年  手づくり靴natalieとしてセミオーダーの注文靴を中心にクラブやライブイベント        の出店などで活動を始める。

2005年  地元愛知に戻り2007年からは名古屋市内に「アトリエ123」を構えより自分         勝手な物づくりを続ける。

2009年  春、大好きな歌うたい”ううじん”との「遊牧」というイベントを企画し旅をする。

        その後、行商的旅型作品展「ひとり遊牧」や「革のサンダルを作ろう!WS」、         ライブイベント「ときどき どきどき」、「四人旅」を等企画主催する。

2010年  名古屋の今池という町の商店街の方々の力添えで仲間たちと「こどもフェス          今池フレーバー」を立上げ企画運営に携わる。

2012年  靴作り10年を迎えるも一旦全ての活動を休止する。

2014年  『手づくり靴としゃぽう natalie』として再スタートを切る。

        7月 作品展「しゃぽうと愉快な仲間たち」開催(名古屋・モノコト)

       12月 作品展「ごちゃ展 くつさんとばっちくん」開催(下北沢mona record)

2015年  3月 ねこマルシェ(一宮名鉄百貨店)出店。

        4月 こどもフェス 今池フレーバー(名古屋・千種区) 出店。

        5月 Shku! Tokyo (東京・中目黒)出店。

        6月 名古屋 クリエータ-ズマーケット(名古屋)出店。

        7月 つくばロックフェス2015 帽子屋natalieで出店。

        9月 JAPAN FOLK FESTIVAL 2015 帽子屋natalieで出店。